早漏革命の実践、体験談

スパーキー佐藤の教える早漏革命は早漏対策教材の中でもっとも有名で人気がある教材です。(早漏部門インフォトップ売り上げ1位)

 

僕自身、早漏に関して本当に悩んでいましたので、だからこそわかる早漏改善までの軌跡、体験談や感想などを書きたいと思います。

 

スパーキー佐藤,早漏革命早漏革命の動画入手はこちら

 

仕方なく、ネットで見つかるような早漏対策方法も多少は試してみたのですが結局、早漏を改善することができなかったのです。

 

彼女とセックスするたぶに射精までの時間が極端に短いので彼女も怒っているといくか、あきれ気味なのが悲しかったですね。

 

さらに、元彼は早漏じゃなかったよという言葉も言われました。またショックで落ち込む日々・・・

 

悩み続けていたときにスパーキー佐藤さんの早漏革命のやり方を知って実践したところ毎日少しづつ続けることによって1ヶ月もしたら早漏を改善できたと自覚するようになりました。

 

すごく嬉しくて興奮しましたね!でもセックスの際の興奮も自分でちゃんとコントロール可能となっていました。

 

射影コントロールも2週間程度で、かなりな部分、コントロールできるようになっていました。自由自在まではいきませんでしたが自分の意思で射精をとめることが高確立でできるようになっていました。

 

以前は1分程度ピストン運動してると、射精しそうになっていたのですが今では15分程度はいかないようになりました。

 

現在、早漏で悩んでいる方も多いと思いますが絶対にあきらめないでほしいなと思います。

 

スパーキー佐藤の早漏革命を実践して早漏改善した男優さんの感想レビュー

 

今から、紹介する感想は、この教材を実際に実践したAV男優の方のものです。

 

現場でプロとして奮闘する方も、早漏革命を絶賛しています!

 

〜ここから〜

 

実は、私もかつては早漏だったんです。

 

いい時でも5分が限界。もう撮影時は男優がうらやましくて仕方なかったですよ。もちろん顔には出しませんけど(笑)。

 

何でみんないとも簡単に射精コントロールできるんだろうってずっと疑問でした。

 

でも、男優のなかにも早漏気味な人っていうのはいるんですよ。

 

私と何度か一緒に仕事をしたある男優がいるんですが、彼は当時早漏の状態が悪化したために廃業寸前で悩んでいました。

 

それが、ある時期から様子が激変したんです。追及しましたよ、もちろん(笑)。

 

そしたら「スパーキー式で改善しました」って笑いながら言うわけですよ(笑)。
こういう業界ですから、早漏に関する改善法などは一般社会よりもわりとあるんですが、結果はどれもいまいち。だからその男優の言葉も最初は信じられなかったんですが、変化を目の当たりにしているわけですからやっぱり気になる。

 

で、撮影後、つかまえてさっそく聞きましたよね。その内容というのは聞くに新しく、しかも非常に理にかなっていました。聞いているだけで希望が持てましたよ。

 

「今度こそ解消できるんじゃないか」って。

 

 さっそくその日の夜から実践して、二週間くらい過ぎた頃でしたか、最初の実感があったのは。セックスの最中の「あ、もう出るぞ」っていう瞬間、直後に「あれ、まだいけそうだ」っていう余裕ができたんです。

 

それからどんどん状態はよくなっていって、最終的には毎回最低でも15分はもつようになったんですよ。

 

〜ここまで〜

 

スパーキー佐藤,早漏革命スパーキー佐藤の早漏革命公式サイトはこちら

 

この早漏対策はAV男優さんなども実践しているそうで公式サイトでは、きっと顔を見たことのある方々はスパーキー佐藤の早漏革命について推薦しています。
最近では、メンズクリニックでも早漏治療を受けることができますが、その治療内容はペニスへのヒアルロン酸の注入だったり、精神安定剤などの処方など、深刻な副作用があることも。。
また早漏治療といっても、今さえよければいい、短期間、早漏防止できれば十分的な一時的な効果しか得られませんし継続して通うにはやはり費用もかかってきます。
自力で自宅で早漏改善したい方にはスパーキー佐藤式をおすすめします。

 

早漏についてよくあるパターン

 

フェラでも、口に含まれてペロッとひとなめされただけで射精してしまう。

 

挿入しようとすると射精してしまので、いまだに童貞が捨てられない。

 

手コキされるとすぐ気持ちよくなり射精てしまうので、そもそもセックスができない。

 

早漏なので、一度、抜いてからセックスしようとすると今度はそもそも勃起しない。

 

このような悩みを抱えている方にスパーキー佐藤の早漏革命はきっと役立つはずです。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。